2008年09月04日

カスタムガバメント

モデルガンを始めると必ず一度は通るカスタムガバ!ワシが最初に経験したカスタムガバは実に辛い思い出になったのだ! 今、思えばモデルガンを買うという事は失敗の連続である。それを乗り越え真のモデルガンマニアになるのだ。1983年2月号のコンバットマガジンを読んでワシの胸はときめいたのだ!。 そこにはすんごくカッチョイイカスタムの記事があった。 




 それはクーパーというカスタムメーカーが当時、発売間もないスズキコマンダーをべースに仕上げたカスタムガンだった!発火方式も独自の「スーパーBLK」という物を導入。(ほぼデトネーターみたいなもんだが)カスタムパーツ満載で 「コンバットマスターモデル」が32000円!なのだ。文中にはご丁寧に「32000円とは安いとおもいませんか?」などと書かれており、無意識に「うんうん!安いと思うぞ!」などと根拠のない妄想に洗脳されてしまうのであった! 



 しかし当時中学生のワシにそう簡単に32000円は出せるものではない。それで既に持っていたコマンダーにパーツを追加する事にした。スライドパーツ込みコンバットフロントサイト加工、S&Wリアサイト加工、ローエジェクションポート加工、スチールエキストラクター、リコイルスプリングガイド、で総額送料込み19300円なり!う~ん 結局、最初からカスタムガン勝ったほうがいかったぞ? 早速現金書留にお年玉の殆どを閉じ込め送ったのだ!さあ早くこい!俺のカスタムガン! 




 しばらくしてパーツが届いた! 早速開封してパーツのチェックだ! スライドを見る!「すんげ~雑~!」フロントサイトは浮き上がってるわ、ローエジェクションポートは自分でやった方がよさそうだわ、「おどろくほどスムース」とうたっていたリコイルSPガイドは動きが硬すぎてスライドを引くと前に戻らないしまつ・・・ まあお年玉シーズンに大々的に広告をうったので注文がドカッと集中したのだろう。そんな想像を思わせるには充分な出来栄えだった!。32000円とは安いと思いませんか・・・という言葉が頭の中を駆け巡ったのでありました。  


Posted by ガンスミス  at 22:56Comments(7)ガンの思い出

2008年09月04日

ガバメントロングスライド

MGC GM5 ホーグ ロングスライド ベースです。スライド長は約9インチくらい。正確に測ってません。リコイルガイドもすんごく長いです。グリップは黒レオとか言う木だそうです。これで刻印が入ればいいんだけど、技術がありません。  


Posted by ガンスミス  at 00:27Comments(7)カスタムガン