スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2008年09月06日

MGCオーダーメイドシステム

カスタムの話ばかりが続きますがガバカスタムのブログではありやせん! まあでも話するけど。カスタムブームの最中、MGCはオーダーメイドカスタムを作るというシステムが出来上がった。つまり注文通りのガンを製作すると言うのだ。「おおすげえ!」などと思うも、そりゃ値段も「すげえ!」という事にすぐ気付いた。せめて社会人になっていればオーダー出来ていたかも知れない。それでも見積もりを出してもらうだけなら出来るだろうと一度電話を掛けた事があるのだ。ワシはロングスライドが好きだった。GM4であったような8インチのロングスライドが欲しかった。GUN誌を見ると6・5インチロングスライド加工は6000円より と書いてあった。(より という言葉には恐ろしさを感じたが)もちろんパーツ代別である。という事はスライド2本(接着するので) と加工賃で12000円という事になる。(そこにボーマーサイト加工やら、セレーションやらかかるが)単純計算で12000円である。という事は8インチになるとスライド3本で9000円、加工賃も倍になると考え計21000円くらいであると推理したのだ!そして当時のお子様なワシはMGCに電話を掛けたのである。「すいません、8インチスライドだとお幾らになりますか?」その返事は衝撃であった! 「8インチですとスライド3本と3万円送って下さい!」 ドガビ~~ン!!! なんじゃと~?どんな計算なんだ~!? しかも随分あっさりと至極当然のような軽やかな返答だった為、「適当に値段ふっかけてんじゃないだろな?」と思ったほど。結局、当然諦めたが未だどういう計算でその値段になるのかは謎のままである。  


Posted by ガンスミス  at 23:23Comments(0)カスタムガン

2008年09月06日

ガバカスタムブーム!

MGCからニューガバメント(GM5)が発売された事で1983~85年くらいは空前のカスタムブームとなった。MGCショートリコイルガバが出てからはスズキベースの物はあまり見かけなくなった。またWAからGM5ベースのコンバットコマンダーカスタムシリーズが発売になりブームは一気に加熱した。小さなショップでも様々なカスタムが発売になり、出来の悪いカスタムが何万円という値段で売り出される事も少なく無かった。まさにネコもしゃくしもという感じであった。次々と発表されるカスタムガンは値段が高く、当時高校生だったワシにはとても手の届く物では無かった。しかしそんな状況下でも何丁かは清水の舞台を飛び降りる気持ちで購入した物がある。これはその内の一丁です。




 WA ホーグロングスライドカスタム 37000円  グリップセフティ、ハンマー、ハウジング、などステンレスパーツに交換。グリップは自作。




スライドはガバのスライドを2本分接着加工して6・5インチに延長されてます。無塗装なのでよ~く見ると接着部がうっすら判る。でも接着、研磨でここまで目立たなくする技術は大したもんだと感心。かなりお気に入りの一丁です。  


Posted by ガンスミス  at 22:45Comments(1)カスタムガン