2008年09月11日

ビアンキカップスペシャル

ガバカスタムの中でひときわ、異彩を放っているのが「ビアンキカップスペシャル」だ。MGCから発売になったが値段は「58000円!」当時学生のワシには端から無理な話だ。しかし社会人になりおっさんになったある日、少しまとまったお金が入った。それまで乗っていたMiniを売ったのだ。(ちょいと悪い遊びをして罰として妻に売れと言われたのだ。金額の半分は持っていかれた。腹立つ!)しかしまあ普段は持てない金額の臨時収入が入ったのだ。ワシはGUN誌の広告にあったポイン○○というカスタムショップに電話をかけた。広告にはオーダーで好みのGUNを作ってくれると書いてあった。電話を掛けるととても親切な対応で「見積もりを出しますので2日ほど待ってください」と・・・しかしいつまで経っても音沙汰なし。電話を掛けると忙しいのかやたらとトゲトゲした口調!ワシもカチンときて「何か怒ってます?出来ないならいいです!」と突っぱねた。すると途端にやさしい口調で「もう2日で見積もります!」と言うのであった。だがしかし、結局、見積もりは出ず「ここはダメだな・・」と呆れたのである。次にアームズ誌に載っていたビー○○ブというショップに電話を掛けた。しかしそこでは「形状が複雑すぎて受けられない」という答えだった。おまけにポイン○○の苦情を言ったら友人関係だったのか店主が横柄な口調になり文句を言われてしまった。まあガンショップの店主には横柄なのは多いので諦めよう。もう自分で作るしかない。ワシは手持ちのカネでフライス盤を買ったのであった・・・あとはフライス盤ド素人のワシが試行錯誤でガンを作り上げたのである。めでたし、めでたし。




















 バレルウエイトの溝合わせ、けっこう綺麗にできでるでしょ?  


Posted by ガンスミス  at 00:08Comments(4)