2011年10月21日

紅葉とハイパワー



 紅葉を綺麗と思うようになったのは最近。 俺の人生も枯れて来たので紅葉の気持ちが判るようになったのか?  近くの雑木林でカエデを取ってきた。 こんな事をするのは小学生以来だ。 おかしなもんだ。


 赤く染まるカエデをみていたら一丁のGUNを思い出した。 ブローニング・ハイパワー カナディアンだ!




 紅葉や枯れ葉とGUNは良く似合うと思う。 なぜかは判らない。 人を攻撃するという影を持った部分と土に帰る葉の侘しさが共通するのかも知れない。 (全く関係ないかもしれないけど)

 背景がレンガ造りの建物、枯れ葉、紅葉などGUNには映えると思う。 これは車でも。  そういう訳か、昔、クラウンから発売になっていた弾の出るS&W M29 83/8インチのプラモデルの箱絵はM29の背景に落ち葉が描かれていた。 その絵を見たとき「とてもかっこいい」と子供のワシは思ったのだ。

 


 ついでにナナカマドも入れてみた。 






 モデルはマルシン ハイパワー カナディアン  リニューアルされたHW製だ。 発売当時(もう30年以上前だ) はABSでEXもファイアリングプレート一体だったが、リニューアル後はご覧の通りリアルになった。こういう部分を見るとマニアはニンマリする。 おまけにセンターファイア、ショートリコイルまでするのだからかなりの改革だ。 ただバックストラップが別パーツなのがイマイチだが、ここは我慢しよう。 当時から板バネではないリアルなマガジンキャッチなのは当時の水準を考えると凄いコトだ。 さすがにマルシンが社運を賭けたモデルだけの事はある。 最近、原点回帰かやたらとハイパワーのモデルガンばかり集めてしまった。 さて昔を思い出して久しぶりにバンバン!するかな。
  


Posted by ガンスミス  at 10:16Comments(2)