スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年03月29日

Kフレーム グリップ  S&W

 最近ちょこちょことグリップ作りも始めた。 でもこれも一時の物なので熱が冷める前に一個でも多くのグリップを完成させたい所だ。 今回のS&W純正型のKフレグリップも形はほぼ完成したまま何年もほったらかしだったのだ。 やっとこ何年もかかって完成した。 こんなことではモデルガンメーカーの再販が遅いなどと文句は言えない・・


 

 実はこれはタナカのM29用に作ってほぼ完成していたのだが着ける予定も無くなったのでHWSのM19に着けようと削ったりピン穴を埋めたりして完成したものだ。 Nフレ用はKよりかなり大きいと思い込んでいたが、それほど大きさには差は無く、流用も簡単だった。 材質はサントス・ローズというブラジル人みたいな名前の木だ。 目は綺麗だがクリアラッカーを吹いたら思ったより暗い色になり、ちょっと不満だ。 何も塗らずワックス仕上げならもっと明るくなったのが、なんせ出来るだけペーパーも掛けたくない病になっているので仕方ない。 まあでも綺麗でしょ?



 HWSはフレーム背面のラインが実物とは違うようで、以前S&W純正を合わせた所フレームがはみ出てしまった。 自分で作ればピッタリだ(あたりまえ)


 


S&Wのチェッカーは角度が浅い菱形と言うより四角という印象だったのだが、ちゃんと考証してないので間違っているかもしれない。 それにしてもGUN誌でたまに見たチェッカリング・マシーンと言う物が欲しい。 あれはどうなってるんだろう。 手掘りなんて熊ぐらいにしたい物だ。

 




  HWSのM19 HWそのままのグレー仕上げ。 パーティングラインばっちりでヨークなんかネズミ色のペンキを厚塗りしたようなものだ。 いくらなんでも酷いので仕上げ直したい物だが、それもいつになる事やら・・・








   


Posted by ガンスミス  at 10:31Comments(6)