スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年07月26日

茄子グリップほぼ完成

茄子グリップを削りペーパーで仕上げた。 最後に怖いのがメダリオン穴だ。 昔、ドリルの刃が噛んでグリップごとグッルグル回転したトラウマを思い出すと一気に緊張が高まるのだ。 メダリオンの穴の縁が欠けたらどうしよう、などと思うと恐ろしいのだ。

 

 

 でもなんとか上手くいった。 これまた困るのがメダリオンの大きさだ。 一番最初に渡されたメダリオンは16mmちょうど。 2番目の奴がなぜか16・3mmってな感じ。 そして今回のは16.5? だんだんと大きくなってる? あと何個か作る頃にはメダリオンも18mmくらいになってるかも知れん。 


 あとは塗装仕上げ。 クリア塗装でも無塗装より一段階色は濃くなる。  さてどんな仕上がりになるか。 


 それとお次のVフレームサービスタイプにとりかかった。 ウォールナットだ。唐木からウォールナットに移るとまあなんと柔らかいこと。 バルサかコルクか?といった感じだ。 柔らかいにので逆に刃物が通り難いのだ。 粘り気があるので削りカスがぬちゃ~っとくっついてしつこいのだ。 そして軽い。 そんでもって未だに木目の良いの物の判断がよく判らない。 ローズウッドだと一目瞭然、しかし、ウォールナットは中々正体を現してくれないのだ。 ミステリアスな悪女なのだ。
 

 

 
  


Posted by ガンスミス  at 08:24Comments(5)