スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年09月28日

ゴンカロへの道 最終回 

チェッカーも彫り終わり塗装を待つだけだ。 





 グリップ前面の木目の感じが違うのは木目の流れの違いだ。 板のどの方向から切り出すかで木目の印象も変わる。

 

 グリップフレームのくびれがタナカでは少々キツイ感じだ。 実物グリップを装着してもグリップがはみ出るのだ。 ここをフレームとツライチにすると貧弱なイメージになるのでちょいとはみ出させて作る。

 
そして塗装も終わりグリップ完成!





 上 カナリーウッド  下純正ゴンカロ 



 

 

 

 



 色合いは違うがゴンカロでも薄いのやら黒っぽいのやら様々なのでカナリーウッドも中々ゴンカロのイメージを表していると思う。 思っていたよりもいい感じに仕上がった。 

 

 
 
 こちらはM586。 上はパーローズ 下 カナリーウッド 

 

 

 M29のグリップとは違う向きで切り出した為、グリップ左側の木目が上下でセパレートになっている。 こういう感じも中々いいでしょ。 

 今回の試みはなんとかゴンカロの雰囲気を出せないかと試行錯誤したが中々イイ線いってるんじゃないかと自負するのであります。 なお塗装はチェッカー部を薄くして溝が埋まらないように気を付けた。 やっと一つ利口になったのだ。  かなりーいいよ カナリーウッド!
  


Posted by ガンスミス  at 19:07Comments(16)