スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年04月12日

Kフレターゲットその2

さてKフレターゲットグリップ切り欠き、実物ではゴンカロだったり、あるいは裏面ワッシャーが無くなった比較的新しいタイプでは別の木材が使われている気もするが実際の所定かではない。 これをパーローズで作る。 外観もほぼ出来上がり、チェッカー枠もグルリと一周溝を掘る。 フレーハンドで彫るので慎重にやらないとガッタガタになる。 血液ガッタガタ♪とバラクーダの様に歌いたくなるのだ。


 今回は依頼主のJUMOさんから実物メダリオンとワッシャーが送られて来ているのでこれを着けねばならぬ。 とは言ってもカシメるやり方がよう判らんし、何よりゴンゴン叩いてグリップでも割ったら目も当てられないのでここは安全策としてワッシャーをカシメてあるぞ風で行きたいと決めたのだ。

 

 

 

 メダリオンもワッシャーも簡単には抜けないはずなのでまあこれで勘弁してもらうつもりなのだ・・・・・・

  ところでS&Wの実物メダリオンはモデルガンの様に平らでは無くグリップ形状に合せる様に曲面になっている。 妙な所を妙に凝っているものだ。 なのでそれも考慮してグリップ曲面を削らなければならない。


 

 

 これで後はチェッカーを彫る作業だ。 いよいよ大詰めなのだ!
  


Posted by ガンスミス  at 17:43Comments(3)