スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年04月23日

タナカ S&W M629 

一番最近に買ったハンドガンはタナカのM629。ワシとしてはM29のシルバーモデルでイイじゃないか!と思うのだが、M629という名前とステンレスモデルと言う肩書が必要なのだろう。 それにしてはM629 6.5インチと言うあり得ないモデルになっている所が微妙だ。 トリガーもグループ入りのままで(ワシはワイドの方が好きなのでいいけど) 特に6・5インチの方はかなりチグハグな考証になっている。 

 ワシとしてはM29のシルバーモデルだと脳内変換しているからいいのだ。  シルバーめっきも綺麗で十分満足できるモデルガンだ。

 

 

 83/8inモデルは迫力のロングバレルに少し艶を抑えたシルバーがなんとも逞しい感じになっているのだ。 M629と言えば中学の時に発売になったコクサイのM629が思い出される。  GUN誌の新製品紹介ページで「サテンシルバーの渋い仕上げ」とあり、写真でも中々渋いめっきが期待を膨らませたのだがいざ現物を手に取ると艶々めっきのヘアライン仕上げで軽い印象になってしまったのが悔やまれた。 それでも小遣いを持って札幌まで行き今は亡き「中川ライター店」で8インチモデルを買った時は感激もひとしおだった。

 当時のコクサイの広告では6インチモデル(コクサイは6インチバレルだった)にはパックマイヤーラバーグリップが装着されていてシルバーモデルと黒のグリップが最高に似合っていて未だにそれが頭に残っていてタナカのM629にもパックマイヤーを着けたのだ。 ちなみにコクサイ純正のラバーグリップはご丁寧に「パックマイヤー メードインUSA」なんて英語で記されていたもんだから、パックマイヤーなんて高級品を見た事も無い当時のワシはどれがパックマイヤーでどれがコクサイ製なのか随分迷ったのだった。 

 当時、コクサイではパックマイヤーグリップも7000円で販売していて、それを通販で注文したらコクサイのグリップが間違って送られて来てもう何が何だか判らない状態になったもんだ。 

 

 当時のモデルガンマニアにとってパックマイヤーグリップは高級品で簡単に買えるグリップでは無かった。 モデルガンが買えてしまう値段だったからだ。 真っ黒なグリップだが妙に惹きつけられる魅力があった。 そんな魅力もパックマイヤーのオリジナルメダリオンが付いて全く興味が無くなった。 


 

 M629にはグリップを作って装着した。 これはパーローズなのだがちょいと変わった木目で(白太に近い部分かな?)木目も派手で良いかと思ったがちょいとアクがキツクてダンウエッソンのグリップみたいになってしまった。 

 

 結果 タナカのM629はお気に入りのモデルガンになった。 
  


Posted by ガンスミス  at 18:01Comments(3)