スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年06月09日

ルガーP08のグリップ 

いつもお世話になっているJUMOさんからマルシンP08用のグリップ依頼を頂いた。 やっぱり来たか!と思った。 ルガーP08のグリップは難易度の高いグリップだ。 複雑なフレーム形状にフルチェカー! 考えただけで恐ろしい・・ 

 ルガーP08と言えばオートマチックピストルの元祖みたいなモデルだが1908年にはもうこんな完成度の高いピストルが開発されていたとは驚きでしかない。 よくもまあこれ程複雑で芸術品の様なピストルを軍用として開発するドイツ人の技術力には驚かされるのだ。

 グリップ1つ取っても全く生産性の無い複雑な形だ。 当時はチェッカーを手で彫っていたのかなあ?なんて思うと気が遠くなるのである。


 まんずは

 外形を切り出し、内面合わせ。 フレームには所々段差もあり、セフティレバーやマガジンキャッチもあるため一筋縄では行かない。

 

 

 そうそう、マガジンフォロワーを下げるボタン(なんて名前だべ?) のスペースも削らなくてはならない。

 

 

 グリップ上部にはフレームに噛み合うポッチがあるのでそこを接着した。

 とりあえずフレームに合うまで出来た。 

 

 

 最近は腕も痺れてチェッカー作業もしんどかった。 その上チェッカーの刃が切れなくなってきたので注文しようとしたら品切れ・・・ 次回入荷は未定だと言われてしまった。 切れない刃で作業するのは余計な力が要るのでますます腕が痺れる。 参ったなあ・・・・
  


Posted by ガンスミス  at 18:24Comments(2)