2015年11月30日

M29用ファイティンググリップパート2 その3

荒削りしたグリップを荒い布ペーパーでゴシゴシやるのは結構な難行だ。 硬い木をなだらかにするにはそれなりの根気がいるが元来根気無しのワシには非常に苦痛である。 止めたいなと思いながらこする。 止めようかな、そうだ止めよう(そうはいかんべ)



 磨きをかけてワックスで仕上げた。柔らかいワックスなのでオイル仕上げと変わらない感じだ。 握れば握るほど味わいのある光沢になるだろう。 
  
 

 この写真映りは実物よりもやや明るく茶褐色に見えるが実際はもっと黒っぽい感じだ。 なぜか木は写真に撮ると実際よりも明るく木目もハッキリ出るので木製グリップを通販で買うのには注意が必要かも知れない。

 

 右側のナットは埋めてフタをしているのでスムースな感じだ。 

 

 

 ホーグのグリップは久しく握ってもいないので自分なりのイメージで握りやすく起伏をつけた。 起伏のある女性は好きだ。 特にオッパイ。

 

 黒光りして実に逞しい。まるでチンポである(言葉濁せよ) この木で男根像を彫って芸術作品にして展示したら捕まるだろうか・・・
  


Posted by ガンスミス  at 15:20Comments(11)