スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年12月17日

ディテクその2

さてディテク君だが(もう面倒だから省略) 旧モデルは実に味わい深い古き良き時代という雰囲気だ。 実際に探偵が使っていたのかは知らんが渋いハットとコートを着た探偵が懐にディテクを隠しているなんて想像が浮かんできてカッコよく真実を見つけるストーリーも考えてしまうから不思議だ(考えねえよそんな)

 その後のマイナーチェンジ(でいいのかな?)のショートフレームにバレルシュラウドが付くといきなり現代っぽくなるからこれまた不思議なのだ。 シュラウドはカッコいいのかダサいのか人によってまちまちだろう。これはローマンでもそうだろうなあ。

 さてグリップだがあまりにもデカく(というかディテクのグリップがちっちゃい!) 切り出した為に小さく削らなくてはいけない。 





 なんせ今回はなるべく小さく薄く作らないとならない前提が怖い。薄くて穴が開かないか割れないか怖いのだ。 まあパイソン用だってグリップフレーム全面は結構薄い。 全般的にS&Wよりもコルトの方がグリップ作りが大変だ。 逆に言うと手間が掛けられている。 それでも時代が新しくなるに連れ手抜きが酷くなる。 

 


 なんとなくグリップっぽくなってきた。 木が乾いているので目立たないが今回のパーローズも木目が綺麗だ。 本家はウォールナットの着色だから材質だけを見ると本家を遥かに凌ぐ綺麗さになるのだ(はず・・)
  


Posted by ガンスミス  at 17:00Comments(4)