2015年12月28日

ディテクその3

ワシの手が遅いせいでディテクグリップも年越し決定だ。 なんせここ最近はあまりに酷い罠にはまってしまい生きていくのが辛くなり「生きていくのが辛い日はお前と酒があればいい」なんて気分にもなれず(なんせ下戸だし)大変だった。というかこれからも大変だが先が何も見えず大変なのはもう終わりになると思うので来年は人生を変える一年になりそうだ。 頑張らねば。 みなさん、良いお年を・・・


 と終わるわけねえだろ~とディテクだ。 オーバーサイズグリップを作る上でデザイン的に気にするのはグリップ上のライン。ここなんて言うのかサムレストの上のラインね。 虹の様なレインボーライン(なんかカッコいい)とでも呼びましょうか。 ここのラインの膨らみで全体の雰囲気に与える印象はかなり大きい物がある(はず) んでティテクの実物写真を見てみた。

 

 なんというかゆったりとしたと言うかざっくりとしたグリップだ。 グリップを作る時にはフレームにピッタリ合わせよう・・とか隙間を作らない様になんて思うがディテクに関してはフレーム肩口、サイドプレートの右側スクリューがべろんとはだけている。遊女の肩を出した着物という感じだ。 名づけるなら「花魁グリップ」だろうか。 今回はグリップ全高も僅かに高いし、この写真のようにスクリューをここまで出す様に削ってしまうとバランスが悪い気がするのでとりあえずこれくらいに削った。

 


 

 こんな物だろうか・・・  グリップのサムレスト前部分、トリガーガード後方も隙間が空いているがあまり隙間があるのも見っとも無いので程ほどにしようかと思っている。 

 とりあえず、ここから最終的な削りこみがはじまる。  これで今年のグリップも終わりだ。 あとは多少なりとも普段より美味しい物が食べられてゆっくり出来る年末年始になれば幸せだ・・ 来年もよろしく。 アディオス、アミーゴス、アスタラヴィスタ!
  


Posted by ガンスミス  at 10:23Comments(4)