2016年01月28日

タナカ ハイパワー用 グリップ

今回のはハイパワーグリップ。 Mk3とか言う奴かな?古いワシはハイパワーと言えばマルシンハイパワーのミリタリーとかカナディアンとかそんなのしか思い浮かばない。 今回のハイパワーはガスガンでMk3だ。アンビセフティが着くだけでかなり洗練されたGUNに見えてくる。 モデルガン派のワシでも「カッコいいなあ」と思う。 これでモデルガンだったらなあと思うのはモデルガンマニアの常だ。 モデルガンのハイパワー(ABS)を知ったのがもう35年前だからそりゃタナカの出来が良いのは当たり前だ。 

 

 このハイパワー、マガジンを外したままでもハンマーが落ちるので「おや?」と思っていたらマガジンセフティが外してあった。 確かにマガジンセフティは面倒だ。 マガジンが入っていないとハンマーが落ちない、これにどれほどの意味があるのだろう? 無くても良いんじゃないか?と思うのはワシだけだろうか?

 

本体にはこんなグリップが着いてきた。 海外製の樹脂グリップだ。薄くて握りやすい。 今回はこんな風に薄く握りやすくして欲しいとの事だ。 ハイパワーグリップと言えば「スピーゲル」が有名なのでそれを参考に製作する。 いかんせん木製なので何処まで薄くできるかちょいと不安だ。

 

 

 ハイパワーのフレームは段差があるので合う様に削る。 


 

 内面をあわせたらフレームの空洞に合わせて木片を貼り付ける。 しかし、ここでちょっとミス。 グリップ右側がフレームにピッタリハマらない。 ネジで止めると前方が浮いてしまう。 こりゃなぜだ?と見るとグリップを薄く削っているため木材に反りがでてしまった。 あれこれ調整している内に全然ダメになってしまったので最初から木を切り出し作り治した。

 

 

これでピタリと合うようになった。 あとは外形削りだ。 今回はここまで!

  


Posted by ガンスミス  at 14:26Comments(5)

2016年01月25日

昔は良かった

昔は良かったと言うといかにも人生負け組みの様で嫌ではあるが正直そう思ってしまう。 ワシが子供の頃の70年代は子供も多くプラモデルやモデルガンも沢山あった。 町民1万3千人程度のわが町でもプラモやおもちゃを置いている店は10軒ほどあって農協や薬局にもプラモが置いてあった。 もうちょいと歩けばおもちゃ屋に当たる!という程だ。 子供天国だ。 プラモは主に車を作っていた。いとこのおじさんが車好きでジムカーナをやっていた影響もあり日本車が大好きだった。 ハコスカ、ケンメリ、フェアレディZ、セリカLBなどお気に入りだった。そんなワシにドンピシャなのがマルイのレーシングカーシリーズだった。 もう何個も作った。 次から次から新製品が出てきた。 その内スーパーカーブームも来てそりゃあもうプラモ界の大フィーバーだ。

 それと同時進行に好きだったのがモデルガン。 イトコの影響だ。 でもモデルガンは高い。 とても小学生が買える物ではない。そんな中救世主だったのがLSプラモGUN。 1/1スケールで中にはモデルガンよりも忠実に作られている物もありこれまた熱中した。この当時はマンガや映画の主人公がGUNを持っている影響もありプラモガンを買うのは別にGUNマニアだけではなく普通の小学生やら中学生も買っていた。 GUNのメカニズムはLSで教えられた様なものだ。 プラモなのでとても軽かったが心は満たされていた。

 さらにマルイからは火薬が使える作るモデルガンシリーズが発売。 店頭で見たワシは狂喜乱舞。 値段は2000円強とLSの約1.5倍~2倍したがなんせ火薬が使えるという所に惹かれまくりそれからはLSGUNは卒業してしまった。 マルイのオートマグと、LSオートマグが出た頃が似通っていてマルイを買ったためリアルタイムではLSオートマグは買っていない。 LSはかなりマルイに打撃を受けてしまっただろう。

 キットが流行るとなんと今度はマルシンからハイパワーのキットが・・・ 遂にここまでか。 これでマルイもまた衰退していく事になった。 それでもガスガンや電動ガンで生き残っているマルイは流石である。 

 振り返るとワシのGUN歴は順序を追ってステップアップして一段一段階段を登るように楽しめて来た様に思う。 いい時代に生まれたんだなあと思う。 欲を言えばもうちょっと早く生まれて昭和の時代を楽しみたかったなという思いはある。
   


Posted by ガンスミス  at 11:31Comments(0)

2016年01月23日

無くなると欲しくなる

マニアの悪い癖で無くなると欲しくなるという事がある。 最近のトイガンは少数しか作らないので無くなると何年も在庫が無い事が普通になってしまっている。 買いそびれた、もしくは売ってしまったとなると無性に欲しくなる。 

 逆に今、ワシは今無性に欲しいモデルガンが無い。 こういう時は別な意味で危険だ。今まで何の興味も無かったGUNが気になる事がある。 今、グリップ製作中のタナカハイパワーをいじっていると「ガスガンもいいかな~」などと思えてくる。 でも完璧版のハイパワーモデルガンがあれば良いに越した事がない。 

 ガスガンはほぼ持ってないワシでもマルシンのデリンジャーとルガーMk1は持っている。 なんとも時代遅れのガスガンだ。 それでもなんとなく持っていて楽しい。 現在はマルシンオートマグBLKのHWが欲しいと思って探したら何処にも無い。 ABSならなんとか中古である様だがHWの方が良い。 多分、手に入らないだろう。 買ってもすぐに飽きると判ってはいるが・・・・ 
  


Posted by ガンスミス  at 12:59Comments(3)

2016年01月13日

ディテクティブグリップ 完成

完結編だから略さずにディテクティブグリップと書いた。 本当に面倒な名前だ。 完結編と言うと「宇宙戦艦ヤマト」を思い出すが自分はプラモをちょっと作っただけでアニメは大して見ていなかった。 ヤマトに出ていたコスモガンは南部14年式がベースだったし、999はブラックホーク?というかドラグーン? スターウォーズではモーゼルミリタリー、ルパンではいわずと知れたP38。アニメや映画では憧れのGUNが大活躍だった。 モデルガンのブームにも多大な影響を与えたものだが現在ではそういう事も無くGUINに興味を持つ子供も少なくなった。事実ワシの息子2人はGUNに興味なく一人でグリップを作るワシの事をアホだと思って見ているだろう。 

 古くからのガンマニアではあるものの、好きなGUNはミーハーな感じで渋い「ディテクティブSP」なんかはあまり見向きもせず奥行きの浅いマニアだったかも知れない。 最近もう50を目前にして「ディテクの味わいのあるスタイル」に気付き始めるというまだまだガキなワシなのだ。

 

 

 形がほぼ出来上がった。 このグリップの特徴はひとえにチェッカー部分の形状だと思うのでここを再現しなくては意味が無い。 なんとも不思議な形状の隆起がある。 手抜きのような垢抜けない、でもいざ作ると結構手間がかかると思い知らされる。 

 

 千里の道も一歩から。 チェッカーも最初は短なる一本溝だ。 先を考えるとめまいがする。

 
 
 ブログならあっと言う間に完成。 実際には何日もかけて彫っている。 完成したときの喜びと安堵でしばし放心。

 

 タナカの旧タイプオーバーサイズグリップと比較。 サイズはもちろんフレームの違いからどうしても若干大きくなる。 しかし、グリップを並べるといつも思うが左より右に並べたグリップが大きく見える。 目の錯覚だ。 皆さんもやってみてくだせい。 右が随分と大きく見えるのだ。 

 今回はオイル仕上げだ。 アマニ油と書いとけばマニアは納得するはずだ。 実際は別に亜麻仁油でなくとも良いと思う。 亜麻仁油がガンマニアの間で神格化されているのは1983年?の記事でウォールナットを何年もかけて亜麻仁油で磨く超高級ストックの話を読んだからだと思う。 でも一応亜麻仁油で仕上げた。気持ちの問題だ^^

 

 オイルが染み込むと色合いがグンと濃くなる。 パーローズだと赤味が強く木目がクッキリする感じだ。 ところが縞黒檀でこれをやると真っ黒になって木目が見えなくなるので要注意だ。 過去に縞の綺麗な黒檀にオイルを塗り想像以上に黒くなってしまい、慌ててふすま用の汚れ落としの液にどぶ漬けしなんとか復活させた事がある。 苦労して作って仕上げてオイルで台無しなんて目も当てられない。
 
写真に撮ると実物よりも明るく映るので実際はもう少し落ち着いた感じであるがそれでも綺麗な木目が浮き出たと思う。 グリップ作りは何より材料で仕上がりの大半が決まってしまう。
 

 チェッカー部の浮き上がり方が判る。 なんとなく火星に映った人面像っぽく見えるので火星グリップ、いや仮性・・いや違うマーズグリップとでも呼ぼう。

 

 チェッカーを彫り終わった時ちょいとチェッカー範囲が幅広だったので左右を削りスマートにした。

 

 後ろ姿はこんな感じ。 旧タイプフレームに合わせているので露出するバックストラップは長い。 

 

 木目の流れは美しい(と自画自賛) 自然美の極みだ。

 

 フレームの長い旧タイプに新型タイプのオーバーサイズを合わせて作ったのでやはり全高は大きくなるがオリジナルの雰囲気は出せと思う。 多分出せたと思う。 出せたんじゃないかな? まちょとゆる~く見てくれ♪


 
  


Posted by ガンスミス  at 17:34Comments(8)

2016年01月05日

自作自演面白い?

正月明け新年第一回目のブログの主題が自作自演とはモデルガンブログとは思えないシュールさだ^^ とは言え面白いとも感じてしまう。 新年早々面白いコメントがまとめて入っていた。 

 「コメント返信ありがとうございます。 モデルガンガバメント2丁拳銃したいっす。あと恭平という荒らしがいたのですがどうすればいいのでしょうか? 」

 こんなメールが立て続け3件入っていた。 恭平なんて「しのぶちゃん!」と臭い演技を能瀬慶子と繰り広げていた柴田恭平しか知り合いは居ない(知り合いか?) まあ滅多にないイタズラコメントもたま~には入っていたが流石正月賑やかなもんである。

 GM5という名前である。 そういやGM5って年末に2件ほどコメント来てたな~と思い出した。 見てみたら「モデルガンGM5」という名前だった。 普通のコメントだったので他人かな~なんてのんきに鼻くそをほじっていた。 しかし、恭平って誰だべね~なんて思っていると

 「上の奴が恭平ですよ。俺の名前をパクってる。」なんてコメントがモデルガンGMさんから入っていた。 フムフムこの流れはモデルガンGMさんがGM5という奴に自演されて妙なコメを入れてるという流れなのねと耳クソを取りながら思った。 

 すると今度はTちゃんから「恭平の噂聞いた? 元荒らしでいじめられて亡くなったんだってよ。やばいよ」というコメが。 しかし、Tちゃんこんな話する奴でも無いからこりゃまた適当な仕事だなあと目くそを取りながら思ったのだ。 すると今度はModergun という人から「Good You gun」という変なコメが入る。 なんじゃ?と歯クソを取りながら見てると今度はモデルガンGM5から長文で

 「それは俺が3年生の頃だった。学校で1つの噂が流れた。ネットの恭平と言う言葉、長年ブログを荒らしていたのだがそれが学校の他の生徒にばれていじめられた。それが原因で4月4日に自殺したらしい。今はネット、特にブログを荒らしてくる。それだけではなく来たブログには不幸やブログ主が呪われるらしいです。ガンスミスさん気をつけて自分の自宅に塩を置いてください。一人暮らしなら特に気をつけて下さい。あなたの後ろにいるかもしれませんから。 」

という物凄く面白く興味を引かれる文章が入った。 ワシはこりゃいかん!と急いで玄関に塩をお供えしようと思いあわてて盛り塩をしたのだが如何せん焦っていたので味の素を盛ってしまったのだ。 

するとそのせいか、また同じ文章が続けて入ってきてしまった。 ワシは恐れおののき、こりゃ真面目に塩を巻かないといけないと思って気が動転してしまい女に潮を吹かせてしまったのだ!! ワシはもう腰が抜け南無阿弥陀仏を唱えながらカレーマルシェを食べてなんとか回復した。 なんて恐ろしい出来事なのだ。 するってえとなんですかい! 浮気がばれたのも離婚したのも車上荒らしにあったのもヤクザに詐欺にあったのも、女医にフェ〇させてプリクラ撮ったら写真が詰まって逃げてきたのもこの恭平のせいだったのか!!!!! ワシは一生懸命玄関に味の素を盛りながら仏様にお祈りするのであった。 

 しかし、何より怖いのはこの一連の「GM5」 「モデルガンGM5」 「Tちゃん(1月3日のだけ)」 「Modergun」のすべてみな同じIPアドレスだったのレス。 福島からわざわざどうもすみません。 自作自演楽しかったですか? ワシはまあそこそこ楽しいかなあ。
  


Posted by ガンスミス  at 15:40Comments(3)