2017年09月19日

S&W M327 グリップを作るぞ

昨日、北海道を通過した台風は特に甚大な被害をもたらせてはいないのだが、白老(しらおい)のお土産屋にはどんでもない被害を与えた。 ちょっと前にブログで紹介したでっかいカニの飾りがあるお土産屋。 なんとそのカニの足が台風でもげ落ち、車3台を破壊したと言うのだ。 

 なんたる事だ。 あれだけデカイ、カニの足だ。 お寿司にしたら3千人ぶんくらいあるかも知れん。 早速カニの身を拾いに行こうかと考えてるワシなのです。(行けば勝手に)


 さて今回のグリップは全く想像が付かなかった。 S&W M327だって? 3桁のモデルはM586とかM459とかしか知らん。ましてや8連発だってよ。 8連発なんてカネキャップで撃つオモチャリボルバーしか頭に浮かばん。  実際に送られて来たガスガンを見た。

 

 なんだか凄くゴッツいバレルが付いているのだ。 バレル下のレールがもう自分世代にはちょいと馴染みがない。 自分の好みはもう完全に止まっていて新しいGUNにはあまり興味が出ないのだ。 このバレル完全に金属製だと思っていたがなんとメッキだそうだ。ジュピターメッキだってさ。 見た目も感触も金属としか思えない。 ジュピターフィニッシュってのは流石に高価なだけはあるもんだと思った。 

 

 さてこんな詳しい説明書が入っていた。 実物大の説明図で大変参考になる。 ただ物凄いこだわりに「作れるかなあ」とちょっと不安になるのであった。 概要は薄く握りやすいワンピース、おまけにフルチェッカーだ。 ワンピース、フルチェッカーなんて作った事がない。 どうなる事だろう・・
これまた不安だ。 

 

 材質の色合いも指定がありなるべく近い物を選ぶ。 最近は綺麗な材が本当に少なくなった。 製作よりも材料選びが大変になってきたこの頃だ。 

 

 まずはフレームが入る部分を大まかに削る。 今回はラウンドフレームをスクエアバットにする為、グリップとフレームの堺に気を付ける。 

 

 

 

 


 内部を削りグリップを合わせ両方からピタリと合わさるように仕上げる。 ここが一番大変な所。 今回はなぜかスパッと決まった。 調子が悪いといつまでも合わなかったり隙間が出来たり調整で一苦労する事になる。 よくある事だ。

 

 馬鹿デッカイ余った部分を削って行く。 フリーハンドだ。 手が疲れる。

 

 今回はワンピースだ。思わず忘れそうになったので慌てて溝を掘る。 これはグリップを下から滑り入れる為の溝だ。 ここも重要ポイントだ。 溝の位置を間違えてワンピースに接着してからグリップがフレームに入らないなんて成ったら悲惨だ。 
 

 

 更に削り込み形を仕上げていく。 このグリップは結構なハイグリップ、厚み片側14mmという指定でかなりほっそりとしたグリップだ。 S&Wのリボルバーサービスサイズグリップでさえ15mmくらいあった筈なのでいかに薄いか判る。

 

 

 

 

 大まかに形は完成しただろうか・・・ 

   


Posted by ガンスミス  at 11:49Comments(4)