2014年08月08日

Vフレームサービスグリップ

sirokumaさんつながりでアメカジ67さんからグリップ依頼があった。 ウォールナットで実物グリップの様な無骨で角張ったのが良いと言うので頑張ってみた。 現物は見た事無いので写真を頼りに削って行く。 ウォールナットはたまたま在庫があった。 

 


 一番気を付けるのはフレームの段合せ。 隙間が出来ると見苦しいのだ。 それでもパイソンサービスより遥かに気が楽だ。 


 

 さて今回はチェッカーがある。 面倒くさがりのワシにとって苦しい作業だ^^ 

 今まで使っていた18とか言うサイズ(なんでも1インチに18本溝が入ると言う意味だったべか?違ったらすまん)が小さく感じたので16サイズを新たに買った。 先っちょだけ買って柄に取り付けるのだがポン着け出来ない。 流石外国製だ。 

 

 

 それにしても製作途中で左右のグリップの色合いの違いが気になった。 同じ木から切り出しているのに・・・

 

 

 そんなこんなで完成した。 仕上げはヴィンセントさんがやるらしい。 以前、ブログを拝見しS&Wのグリップを再仕上していたのを見ていたので多分シェラックによる仕上げでは無いかと思うのでありますが、これまた違ってたらスマンなのです。 左右の色合いの違いが仕上がりにどう影響するのか怖い所です。 ヴィンセントさんの腕前を信じるのみなのです。 いや彼なら絶対やれると信じ丸投げです!






Posted by ガンスミス  at 14:44 │Comments(4)

この記事へのコメント
これなんだよねー、昔捜し求めた
サービスサイズ。チェッカーが入
るとより本物っぽくなるねー(^-^)/

これがビンセントさんの手によっ
て今度はどの様な姿でお披露目さ
れるのか?楽しみだなっすー(^-^)
Posted by inspector71 at 2014年08月08日 14:59
下手なアレンジもなく、純正に準じたコルトローマングリップ。
純正を丁寧にフィッティングされたもの、みたいなオーラです。
誤魔化しの利かない難しいオーダーをここまでに仕上げてくれました。
感動もんです。
左右の色合いは、気にならないですよ。
ビンセントさんとのコラボ、シビレマスね。
ビンセントさんもローマンを忠実に再現しますから。
Posted by アメカジ67 at 2014年08月08日 21:28
スゴイことだと思うんですよね、
モデルガンも特注のカスタム、グリップも特注のカスタムですが、
個々に完成してから、取り付けるのではなく、
一緒になってから、更に両方を統一したフィッテングと仕上げをして完成するわけで、
巨匠の「合作」とでも言えるような感じなのではないでしょうか

う~ん、オートクチュール感がハンパないですな!
Posted by sirokuma at 2014年08月09日 02:10
ビンセントさんカスタムのローマンに巨匠のスペシャルグリップ・・・うーん、想像しただけでオシッコちびりそうですw
Posted by あじゃあじゃ at 2014年08月09日 15:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。