2015年01月05日

パイソングリップふたたび

新年になった事だし、そろそろいい加減急いでグリップを作らないといけない。 さて今回はパイソンだ。

 パイソンのサードタイプだ。 この形はワシも一番好きな形で過去に何個か作っている。 でも今、見直すと「何これ?」と自分で作ったのにも関わらず下手くそなのだ。 パイソングリップは非常に手間がかかる形状だ。 フレーム合わせ、浮彫チェッカー、サムレストのラインどれを取ってもS&Wのグリップより凝った形になっている。 見方を変えると非生産的だ。 

 過去に作った自分用のパイソングリップは今見るとあれこれと粗が見えて「なんでこんな風に作ったんだろ?」という部分が多いのでそれを反面教師?として製作にとりかかる。


 

 ローズウッドを切り出し・・

 

 内面を合せる。 S&Wとの大きな違いはフレーム肩口の段差だ。 S&Wは階段の様に90℃キッチリになっているがパイソンは「これまたなんでこんな形状にしたんでしょ」と言う様な形だ。 わざわざグリップを作りづらくしている様に思えてならない。

 
 いざ作り始めると改めてパイソングリップの難しさを痛感。 パイソンらしい雰囲気を出すのに苦労し、結局4個も作る事に・・

 

 4個も作ると木目も様ざま。 木目の好みも人それぞれだろう・・ 

 

 チェッカーを彫る前にチェッカー部を一段高く残さなければならない。 非常に面倒だ。 トイガン用パイソングリップが少ないのもこのせいだろう。 


 

 

 4個の中から最終的に一つ選んだ。 苦労して形を整えたら次はまたまた苦労のチェッカーだ。






Posted by ガンスミス  at 20:03 │Comments(5)

この記事へのコメント
こんばんは!
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

納得いかずに4つも!? 凄まじい程の拘りに感服、目が醒める思いであります!
私なら適当に誤魔化して…げふんげふん(
笑)
Posted by あじゃあじゃ at 2015年01月05日 22:44
今年もよろしくお願いします! いえいえワシも適当に誤魔化したいという人間です。 あじゃさんはキッチリとしたデジタル人間、ワシは緩さのあるアナログ人間です。 もうしばらくパイソングリップ見たくないです^^
Posted by じんぎすかん at 2015年01月06日 06:43
頼む~、一回でいいからセカンドタイプやってくれ~(^_^;)
MGC金属パイソンが忘れられん~~~
Posted by inspector71(Tちゃん) at 2015年01月06日 20:40
MGCパイソン用のグリップをリペアしてもらおうかなぁと見てました。
あっ、今年もグリップ、プロレスで楽しませてください!
Posted by アメカジ67 at 2015年01月06日 20:56
Tちゃん、セカンドって作った事ないなあ。 製作途中ならセカンドにも移行できるけど全部サードに削っちゃったしなあ。 

 アメカジさん、MGCパイソン用ってこれまた難義な形だよね。 今年もよろしくね!
Posted by ガンスミスガンスミス at 2015年01月07日 06:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。