2015年02月05日

グランドマスターグリップ 完成

過去の雑誌を見てみると、グランドマスターに装着されているグリップは手作りで何丁かの銃を渡り歩いているようだ。 ある雑誌にはM586に装着されている。 イチローリポートでは抜群に握りやすいがやや小さいとある。 確かにちょいと全高サイズはちょいと短めだ。 S&W純正オーバーよりもフレーム下の長さは短い。 それにしても下側の膨らみは中々のボリュームだ。 

 

 

 なんとなく整形したもののしっくりこない。 画像を見るとグリップ底のラインが真っ直ぐなのか曲線なのかとても微妙なバランスなのだ。 最初はかなりカーブのかかった底面になってしまい、後方から見ると膨らみの形も違っていた。

 

 チェッカー作業に入る。 片側だけのダイヤチェッカーだ。 ダイヤを入れるだけで通常のチェッカーより手間が掛かる。

 一通りチェッカーを入れたがやはり底面のラインがシックリ来ないので削り治した。

 

 形はこんなもんかあと思っていたがやはり気になり所があった。 実物の方にはある隙間だ。 スピードローダーが入りやすいようにか、はたまたグリップし易い様にかかなり薄くしてある為、グリップと本体フレームに隙間があるのだ。 自分がグリップを作る時に気にするのはグリップと本体に隙間を作らないようにと考えるのでつい隙間を作らず作るのが良いと考えがちになるが実物がそうなんだから隙間を作るのであるがこれが妙に怖いのだ。 隙間が出来て見っともなくないだろうか?などと心配になるがご依頼者が「隙間を再現して下さい」という事なので慎重に削る。 なぜかこれが一番緊張した・・

 


 でも削ってみると不思議とシャープな印象で良い感じに見えるから不思議なもんだ。 

 ところでアホな事に塗装して完成した写真を撮り忘れてしまった・・・ 何をしてるんでしょう。 完成した姿は「ゆも庵」ブログにて綺麗に撮ってくれると思うのでそちらはご覧ください。 素晴らしいパッと見本物?と疑う様なカスタムGUNに装着される予定ですのでさぞグリップも見栄えがするでしょう。 ほんとに凄いGUNはグリップを引き立てますねえ。
 






Posted by ガンスミス  at 09:22 │Comments(2)

この記事へのコメント
おはようございます(^^ゞ

毎々の台詞で恐縮ですが今回も素晴らしく綺麗な完成品でございますね(^^)/
S&Wだと例え片側だけでもダイヤモンドは入れて欲しいですもんね~
‘隙間’ ってトリガーガードの処ですか、小生ならキッチリと包み込んで欲しいです・・・実銃グリップもそこら辺、色々ございますね。・・・

完成おめでとうございます!(^^)!
Posted by konatsu at 2015年02月05日 11:26
konatsuさん、グリップはトリガーガード付近は少なからず隙間がありますが、古い物ほどキッチリしてると思います。 簡略化されたグリップはここを見れば判りますね。
Posted by ガンスミスガンスミス at 2015年02月05日 12:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。