2016年06月30日

ベレッタM93Rの木グリ その1

今回もベレッタ、ベレッタ続きだ。しかもM93R.。M84も結構内側の処理が大変だったが今回のは更に大変そう。 何しろ3バースト機構部があるのでそこを掘り込まなければならないからだ。 M93R、いつかは来るかもと思ったが遂に来た。 自分も初めての製作だ。 自分はモデルガンを持っていて、いずれ木グリを作ろうと途中まで製作しかけたままもう10年は経つだろうか・・・

 今回のはKSC M93R ガスガン。 ガスガンは詳しくないので詳細なバリエーションも判らないのだが今回送って来て貰ったのは新品のM93R。 ああ、新品か・・・  グリップを作るには原始的な作業で本体に木を押し当てカーボン紙のインクが着いた所を地味~に削っていくのでどうしても本体に少なからずダメージを与えてしまう。 何回もグリップを本体にセットすると擦り跡も着いてしまう。 スクリューだって何回か着脱を繰り返すと溝がめくれてしまう。 なので新品は出来るだけ避けて欲しいのだがこれしか無い場合いた仕方無い。 オート用のグリップを作る場合、スライドストップやセフティ、マガジンキャッチなど当たりのある部品は外してしまった方が楽だ。 しかし、今回のは新品、それも93Rとなるとパーツが多く、特にバースト部品は外してしまうと組むのも大変、余計な傷も付けそうだし、なにより小さなパーツ、バネを無くすのは必至だ。 だから今回は全てパーツを着けたままグリップを作る事になった。作った事のある人ならどれだけ大変かは想像付くだろう。

 

 左側は邪魔になるパーツはスライドストップとセレクターとマガジンキャッチくらいでシンプルなもんだ。 しかし・・・

 

 ギャ~~~!!! なんてこったい!この混雑振りは。 ピストル界のゴールデンウィークや~ と言いたくなるほどの渋滞ぶりだ。 しかし、トイガンでこの複雑なパーツを再現し3バーストさせているKSCは凄いなと感心するばかりだ。 たしか3バーストはMGCですでに再現してたっけ? んでKSCになって見事に完璧になったという印象でKSCと言えばM93Rという感じだ。 

 

 当然、設計図や細かい採寸など出来ないワシは目見当で少しづつ削りながら合わせて行くしかない。 削りすぎたら終わりだ・・

 

 バーストユニットの一番高い部分を削りついでピン、スプリングが収まるスペース、ナット穴を順番に加工する。 

 

 なんとか形になってきた。

 

 ぎゃ~ 左のグリップ、フレームからかなり短く削りすぎちゃった・・・・ では無くてストックを着けるため元々短いのでした。御安心下さい。

 

 ほら、右側もなんとか納まったでしょう。 大変だった・・ 内部パーツが干渉すると3バーストしなくなるので削っては試し、を繰り返す。 グリップを着けても手動では3バーストしてくれるから大丈夫ではないかな?

 さて完成・・・・ では無くてこれからチェッカーだ。 最近、デムバートの替え刃が品切れ続きで参っている。 そろそろ刃も切れなくなっているし、どうしたもんだろうか・・・・








Posted by ガンスミス  at 11:20 │Comments(4)

この記事へのコメント
こんにちは
93Rの3バーストはMGCというかTAITO(ゲームメーカーに非ず)から発売されKSCが引き継いだ訳です
3バーストの93Rと言えばウエスタンアームズのデザートイーグルのビデオの最後の方で国本さんが持って撃っていましたが発売されませんでした
Posted by DS at 2016年06月30日 13:22
DSさん、タイトーでしたか、正解を教えていただき恐縮です。 たしかにWAも93Rを出すと発表してましたね。 KSCが出た後じゃタイミング的には遅かったですね。 MGCもガスガン第一作目は93Rだったし縁は深いですね。 
Posted by 管理人 じんぎすかん at 2016年06月30日 14:09
今回は予想以上に大変な事になってしまったか…(^_^;)

他人様の、それも新品のガンはバラしたくないもんなぁ。
でもここまで来ればあと一息だっちゃ?頑張るべ!
Posted by Tちゃん at 2016年06月30日 18:03
Tちゃん、ここまで来れば後は予想外の大失敗でもない限りなんとかなるでしょう。 リボルバーなら外す部品はサムピースくらいだけどオートは何かと干渉するパーツが多いからね、部品を外さないまま作るのは大変なんだよ。 でももうちょっただっちゃ!頑張るべや。
Posted by 管理人 じんぎすかん at 2016年07月01日 08:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。