2016年12月14日

ユニバーサルグリップ ふたたび

今回の依頼はなんとあの「グランドマスターのグリップ」です。

 

 これです。いかにも大変そうな、いや大変です!(キッパリ) 過去にJUMOさんの為に製作したこのグリップはとても大変なので正直、作りたくないな~と思って(ぶっちゃけんなよ) JUMOさんに「同じものを作られたら嫌ですよね?」と聞いてみたのだ。 本音を言うとJUMOさんには「嫌だ」と言って貰いたかったのだ^^ それを言い訳に作らないという選択が出来るからだ(卑怯だなおい) JUMOさんの答えはあっさりと

  「いいよ」 だった。 がび~~~ん(昭和的衝撃効果音) やっぱ作らねばならんのか・・・ 


 っつ~訳でまずは木材を仕入れる。 このグリップはレストの膨らみの起伏が激しく厚めの木で無ければ作れない。 厚さは約3cmは必要。パイソンやNフレオーバーが約2cmだからかなりの厚みだ。 こんだけ厚いと切り出すだけでも大変。

 

 

 今回は依頼者様が参考にとホーググリップを送ってくれたので大変参考になった。 形は違うものの参考になる部分は沢山ある。 

 

 全体に分厚いので要らない部分をざっくりフライスする。 しっかし厚いな~.

 ところで今まで使っていたリューターのハンドピースが不調になり修理に出す事になった。 考えればもう7年くらい使っているのでそりゃ修理も必要だろう。 中のベアリングやチャックの閉まりが悪いのだが幾らになるか恐ろしい所だ。 ハンドピース修理は経験上3万くらい取られるイメージだが・・・ しかも今回は代車というべき貸し出しのハンドピースに3千円も取りやがった! 腹が立つったらありゃしない。 

 しかし、ただでは起きない。 なんというタイミング、今回のグリップは削る量が半端でない。 普段ならガッシガシ削るとチャックやベアリング傷むべな~などと心配になるのだが、これは貸し出しだ。ここぞとばかりにガッシガシもうガッシガッシガッシガシ削る!! けずりまくる!

 そのおかげか想像以上にかなり早いペースでグリップが形になっていく。 木粉も半端ではない。 色が色だけに大量の一味とうがらしを作り出してる気分である。
 
 



 このグリップに関しては相当時間が掛かるなと思っていたが意外な程進み驚いている。 故障を恐れずガシガシ削れるストレスの無さは最高だ。 (まあ仕事も暇だったんだけどね、笑ってらんねえ)
  


Posted by ガンスミス  at 16:44Comments(0)

2016年12月09日

ディテクグリップ完成

フレーム合わせが済んだら外形をガリガリ削る。 フリーハンドで「こんなもんだべな~」と考えながら削る。 

 

 この外形削りが体力的にキツイ。 しかも削りカスが大量に出て鼻が痒いことこの上ない。 ちょいと疲れたのでたまには外食しようとカレー屋に行く。 何の事は無い。 すぐ隣で徒歩5秒なのだ。

 

 こちらは野菜カレー&チーズナンセット。 

 
 
 ワシはチキンティッカとキーマカレーセット。 ワシはライス派である。 独特な味わいのチキンティッカがまた美味い。 ちなみにライスとナンは食べ放題なのだ。

 満腹になったのでグリップ作りを頑張ろう。

 
 荒削りしたグリップをペーパーで調える。 この作業もつらい。 指先が熱を持って下手をすると水ぶくれになっちまうのだ。 
そんなこんなでチェッカーも終わりオイル仕上げでフィニッシュ。 ブログならばあっという間に完成。 実際は泣きたいくらい大変^^

 

 

 


 ひとつ仕事が終わった。 ふ~。 しかしここ最近珍しく予約が貯まっているので休息など無いのだ。 
  


Posted by ガンスミス  at 15:55Comments(2)

2016年11月29日

ディテクとスマイソン

年末になってきてなぜかグリップの依頼が増えた。これはグリップを新調して新たな気持ちで年を越したいというGUNマニアにとって至極当然の話であるので皆さんも納得いただけるであろう(頂けねえよ)

 今回は2つ同時進行で、1つはディテクティブのオーバーサイズ、もう1つはスマイソン用グリップだ。 

 ちょっと驚いたのがHWS(なぜハートフォードでHWSなのか考えたら判らん)でスマイソン3インチが発売になった事。 今更ながら新しい機種を出してくれる気概には感服するばかり。 意外な盲点を突いてくる辺りはさすがHWSだ。 スナブノーズスマイソンに合うスマイソングリップをコンパクトにしたようなグリップを目指す。 





 逆にディテクは旧型フレームにあわせるためどうしても実物サイズよりも大きくなってしまう。

 

 この後にも依頼があり、またそれが大変な依頼なのでダラダラとしては居られないのだが、何かと忙しい上にPCが死にかけで切羽詰った状況なのだ。 先日はPCが起動しなくなり頭に来てパソコンをぶっ叩き「こんちくしょー!」と叫びながらキーボードをガッシャガシャ打ちまくったら起動した状態なので早く、買わねばと思うのだが機械が壊れるのはこれまたあれもこれも続くわけで、グリップ作りには絶対欠かせないリューターのハンドピースまでがガサガサと音を立てるようになってしまった。多分、ベアリングだろうが修理をすると2~3万かかると言われ「これだから歯科用はいやなんだよ」とブツブツ文句を言っている常態である。 ハンドピースだけで買うと6万と言われ「それなら安いリューター買った方がいいじゃん!」と思ったのだがどうなんだべねえ? 



  


Posted by ガンスミス  at 16:36Comments(11)