2015年07月03日

SIG P210 グリップ

今回はマルシンのガスガンP210のグリップ製作だ。 SIGと言うとモデルガン世代はMGCのプラを思い出すが今回のはマルシン8mmBB弾のガスガンだ。 マルシンのは初めて手にするのでさすがMGCより良く出来ている(当たり前) 

 なんせMGC SIGの安物感と言ったら一級品だ(ん?) それもプラオートBLKの第一号(だったっけ?)と言う歴史の古い設計なのだから当然の事だ。 当時はプラ製でBLKするなんて事自体が驚異的な事だったので比較にはならない。 

 暗い感じの木が希望なので黒檀を使う。 たまたま黒檀があったがこの一丁分で終わりだ。 木目もハッキリクッキリじゃ無い方が良いと言うので良かった。 最近は綺麗な縞黒檀も少なくなった。 中々手に入らない。



 グリップを外した裸のSIG。どっちかって言うと「裸の熟女」がいい。 SIGのグリップはP38やPPKの様にフレーム後部を包み込む様な形だ。 これがまた大変だ。そしてP38にもあるランヤードリンク。 輪を掛けて面倒だ。 「ちゃんと作れるんかなあ・・・」と心配になる。

 黒檀を切り出し内面合わせ。 ローズウッドとは異なる焦げ臭い様な独特の刺激臭だ。鼻や目がピリピリする。 

 

 


 どのGUNもどうだがSIGは特にフレーム合せが一番のカギだ。 ワシは一番のガキだ! 

 



 GUNに取り付けた写真。 グリップが明るく見えるが実際はもっと暗く最初のグリップ単体写真が実際の色に近い。本体に合ったらいよいよ外形削りだ。
 






Posted by ガンスミス  at 18:03 │Comments(5)

この記事へのコメント
これは…お値段が張りそうですね(-.-;)
Posted by 柴犬 at 2015年07月03日 19:26
SIG P210に木製グリップの組み合わせってイイですよね、
私はグルーブの入った木製との組み合わされたGUN雑誌の写真には魅せられました

今販売されているガスガンやリバイバルのモデルガンは、
過去のMGC製の様なスライドのバレルの穴の変なのもなくてイイですよねぇ

この木製グリップも、おそらくオーナーのブルーイングされた美しいP210に取り付けられるのでしょうね
Posted by sirokuma at 2015年07月04日 00:47
柴犬さん、お値段は中古車が一台買える程度です^^ (あほか)

 sirokumaさん、HWもあるんですね。 このP210はABSのようですが。 マルシンのP210はもう絶版なんでしょうか? 検索しても売ってるとこが出てこない^^
Posted by ガンスミスガンスミス at 2015年07月04日 08:00
こんばんは。
P210、始まりましたね、木の色合いも良い感じで、どんな風に仕上がるか楽しみです。
マルシンのP210は、6mm、8mmBB弾仕様で、ABSとHWの素材違い、そしてそれぞれの組み立てキットとバリエーションは豊富でした。
でも、最近は、見かけなくなりましたね・・・・。
まあ、マルシンさんの事だから、そのうち再販されるとは思いますが、もう、8mmのは作らないでしょうかね。
Posted by ta-93s at 2015年07月04日 22:44
93sさん、ああ、色々あるんですねえ。 ガスガンの方はほとんど経験してないので判りませんでした。 モデルガン派だからなのか?8mmBB弾は好きでした。 カートにガスを込めて発射、ブローバックなんてオートがあれば最高ですが検挙されちまいますね。 
Posted by ガンスミスガンスミス at 2015年07月05日 09:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。